延岡の神話にまつわる史跡等

のぼり猿

ニニギノミコトが降臨するときに、道案内のために迎えに来た地上の神が猿田彦です。猿田彦はニニギノミコトの供として地上に降りたアメノウズメと結婚しました。猿田彦には白いあごひげがありましたが、延岡のシンボルの「のぼり猿」は、この猿田彦をモデルに作られたといわれています。

ニニギノミコト御陵墓

日本書紀にはニニギノミコトが亡くなられたとき、「筑紫の日向の可愛の山陵に葬りまつる」と記されています。北川の可愛岳のふもとの俵野には、宮内庁の御陵参考地に指定されているニニギノミコト御陵墓があり、数百年にもわたり、地域の人々によって「御陵墓祭」が開催されています。

可愛御陵2

祝子川(ホウリガワ)

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの間には、3人の子どもが生まれ、末っ子がホオリノミコト(山幸彦)です。生まれたばかりのホオリノミコトが産湯をつかったことから、祝子川と呼ばれるようになったと伝えられています。祝子川上流にある祝子川温泉「美人の湯」には、ホオリノミコト像が建立されています。

笠沙の御碕(愛宕山)

愛宕山はその昔、海に突き出た岬で、笠沙山や笠沙の御碕と呼ばれていました。高千穂に降臨し稲作を伝えたニニギノミコトは、五ケ瀬川を下り、笠沙の御碕に着きました。ニニギノミコトは笠沙の御碕でコノハナサクヤヒメと出逢い結婚しました。このことから、愛宕山は出逢いの聖地といわれています。

IMG_5958

icon-car.pngKML-LogoFullscreen-LogoQR-code-logoGeoJSON-LogoGeoRSS-LogoWikitude-Logo
極天さん

マップをロード中 - しばらくお待ちください...

極天さん 32.558542, 131.664437