海幸彦と山幸彦

shinwa05 ホデリ(海幸彦)は海で魚を捕って暮らし、ホオリ(山幸彦)は山で獲物を捕って暮らしていましたが、ある時ホオリがそれぞれの道具を交換しようと言いだし、交換しました。ところがホオリは魚が捕れないどころか、兄が大事にしていた釣り針をなくしてしまいます。そこで自分の十挙剣(とつかのつるぎ)をうち砕いて代わりの釣り針を作って詫びますが、許してもらえません。シオツチノの翁の助けもあり、海の神・ワダツミの宮殿に行き、何とか釣り針を見つけることができました。その時、出逢ったのがワダツミの娘・トヨタマヒメです。二人の間に生まれたのがウガヤフキアエズです。