のぼり猿

ニニギノミコトが降臨するときに、道案内のために迎えに来た地上の神が猿田彦です。猿田彦はニニギノミコトの供として地上に降りたアメノウズメと結婚しました。猿田彦には白いあごひげがありましたが、延岡のシンボルの「のぼり猿」は、この猿田彦をモデルに作られたといわれています。